中古車のチェックポイント

中古車のチェックポイント

中古車選びで失敗しないために

中古車選びは慎重にする必要があります。新車とは違いますので、必ず誰かが運転しています。ですから、状態のよくない中古車を選ぶためにもある程度の知識は必要になってきます。

中古車といえども安い買い物ではないので、失敗しないように必要最低限のチェックはしておきましょう。購入した後に後悔しても遅いので、そうならないように注意しましょう。

中古車選びで、絶対にチェックしたいポイントは「外装」「内装」「機械」「全体」といった流れになります。「外装」「内装」「全体」を見ることはできそうですが、機械をチェックするのはかなり難しいです。私自身も正直全く解りませんからね。なので、どこをチェックすればいいのかを紹介していきたいと思います。

まずは「外装」について。
外装は見た目で大体判断できるかと思います。キズや凹みなどは見ればすぐわかりますからね。少しわかりにくいところは、斜めから見たりすることでその状態を判断することができると思いますので、ボンネットやボディなどをチェックしてみてくださいね。

次に「内装」について。
外装よりも少しわかりにくく、実際にスイッチなどをいじって見ないとわからないです。
ですから、まずはスイッチを作動させて状態を確認しましょう。
もちろん、目で確認できるハンドルや走行距離、シートなども忘れずに確認してくださいね。

次に「全体」について。
車がどんな感じなのかをフィーリングでチェックします。気になった車には必ず何かしら引かれるものがあるはずですので、それを感じ取ります。
それをチェックしながら、前オーナーの乗り方をチェックします。タイヤの擦れ具合とかですね。

最後に「機械」について。
これは先ほども書いたように、私自身はよくわかりません。
詳しい人ももちろんいますが、正直に言えば、あまり詳しくない人の方が多いかと思います。ですから、保証内容で確認することをおすすめします。

※中古車といっても高い買い物です。失敗しないように、わからないことや疑問などがあれば、必ずお店の人に聞きましょう。
自分でチェックできたからといって、見えない部分もたくさんありますので、買った後に後悔しないためにも、必ず詳しく聞いてください。