大阪モーターショー2009

大阪モーターショー2009

今までで一番車が少ない!

不況でイマイチだと感じる2009

2009年の大阪モーターショーは友達と口を揃えていえるのが、「何か今までと比べるとイマイチ物足りないな〜」というのが本音です。

2009年というと不況の真っ最中で(今も変わりなく不況ですが)、日本車だけではなく、外車もかなり出品数を減らして、または出展しないという事態で、見ている側としても物足りなさ全快です。

入場者も例年よりも少なく感じましたし、実際に中に入ってみても結構空いていましたから、おそらく今までよりも来場者の数は少なかったんじゃないかと思います。

また、車の出展が少なかっただけではなく、コンパニオンなどもかなり少なく、というかほとんどいないのではないかと思えるくらい少なく、企業がかなりコストカットしているのが会場に入った瞬間からわかる大阪モーターショー2009でした。

しかも撮った写真のデータが全て消えるといったハプニングもあり、私自身もダメダメでした( ´△`)

飲食店がズラリ!

また例年になく飲食店の出展が多かった年でもありました。おそらく毎年行っている人なら同じような気持ちだったんじゃないかなっと思います。
モーターショーに車を見に来ているのに、入ったら飲食店がメインでは?と思えるくらい色々なところが出しており、友達と「食博のミニバージョンだね」っと喋ったのを覚えています。
それだけ車の出展数が少なく、ブースが空いていたんでしょうね。
今後も景気が良くならないと、昔みたいな豪華なモーターショーが見れないとなるとやっぱり寂しいですね。


ということで、2009年のモーターショーは私個人的には残念だったと思います。